天王寺教室

【スタッフのつぶやき】望遠狂

こんにちは。
天王寺教室の鏡畑です。

さて漢字が間違っているのではと思われるかもしれませんが、あっております。
望遠レンズにはまって、何でもかんでも望遠でとってしまう人のことを「望遠狂」と言うそうです(山崎,2010)。

2年前、始めて焦点距離が70mm-200mmという望遠レンズを買ったのですが、普段使っているレンズでは味わえないボケや画の切り取り方に感動して、なんでもかんでも70-200で撮っていた時期がありました。いわゆる望遠狂になっていたわけです。新型のレンズを買ったので、旧型よりは収納時に大幅に小型化されるのですが、(後から気づいたのですが)それでも、世間的には大きいレンズなわけでして、友人曰くバズーカみたいと言われました。

さて、冬も寒さや降雪量ではこれからが本番。雪景色を望遠レンズで撮りに行きたいところでしたが、コロナで行ける見通しも立たず。辛い冬を過ごしているのも悲しいので、望遠狂時代に撮った写真でも眺めていただいて、ちょっとした旅気分になっていただければ幸いです。(鉄分濃いめ)

20200126_044959685_iOS
相棒の望遠レンズRF70-200mm F2.8L IS USM BodyはEOS-R

20200823_092456650_iOS
圧縮効果を使って後ろの山々を際立たせて撮った写真。(のと鉄道 西岸駅にて)

 

~~~以下、とにかく望遠レンズを使って撮りたかった写真たち~~~

20200904_092558690_iOS
前ボケを使って列車を際立たせたかったけど、暗いし右の向日葵枯れていて残念な1枚

IMG_2020_09_04_0582
草々の間からひょっこり顔を出した絵を狙ってみたが、色々ごちゃごちゃしていて望遠の良さを発揮できていない・・・

20191230_104657070_iOS
とにかくボカしたくて撮った写真1

20191230_111633860_iOSとにかくボカしたくて撮った写真2

20191230_112201800_iOSとにかく思いっきり寄って撮りたかった写真1

引用
※1 山﨑友也,2010,「図解と実例ですぐ撮れる鉄道写真講座」,JTBパブリッシング

関西圏ユリウス教室ご案内

兵庫県
大阪府
京都府
首都圏のユリウス紹介へ
このページのトップへ